プラモデル「M3 グラント Mk1」(パール塗装筆塗り)未完成

  • 2013.12.30 Monday
  • 03:00
JUGEMテーマ:プラモデル

1/72 「M3中戦車 グラント Mk1」 

ハセガワ
「M3中戦車リー」は、アメリカ戦車嫌いな私の数少ない好きな戦車です。M3中戦車の鉄板を貼り合わせた感じと曲面の融合(実際には、付け焼刃的な発想だったようですが)に惚れてました。子どもの頃は、ハセガワの1/72プロペラ機と併せて、よく作ったのが同じくハセガワのドイツSd.Kfzとシュビムワーゲン、それとM3リーでした(タミヤのMMは高くて手が出なかった)。今回作るのは、その「M3リー」のイギリス仕様版「M3グラント」です。大きな違いは、キューポラがあって3階建てに見えるリーとハッチだけで2階建てに見えるグラントって感じです。
今回のテーマは「戦車をパール塗装」です。深い意味はありません。一回パール塗装をやってみたくなった。それだけです。


01.jpg
「M3グラント」1/72のパール塗装です。
塗装方法は、つや消しホワイト(タミヤアクリル)を5層ほど塗って、下地を隠した上にアクリルガッシュのホワイトパール(ターナー)を4層程度塗ります。
そのあと、パールのピグメントをアクリル溶剤(タミヤ)で溶かして、ウォッシュしました。このウォッシュがしっかりかわいたあと、ティッシュとパフ(化粧用)でやわらかく磨いて、余分なピグメントを落とします。
そうすると光沢のあるパール面が出来ます。
最後に、ドライブラシがわりにタミヤのウェザリングツールの青で形を強調しました。
実際は、写真よりもキラキラしています。

02.jpg
逆サイドです。後ろの荷物はパールではおかしいので、スカイブルー+ジャーマングレイ(タミヤアクリル)とレッドブラウン(タミヤエナメル)で塗っています。レッドブラウンの木枠は木目を出すためにエナメル塗装にしました。あと、75mm砲と37mm砲はどちらも金(タミヤアクリル)です。
アンテナは、0.3mmの真ちゅう線です。

03.jpg
「M3中戦車」の魅力は、鉄板をつなぎ合わせた砲塔部分と、正面の丸みをおびた減速機まわりだと思います。このコントラストがなんとも艶めかしくていいんですよ。
で、久々にこのハセガワ 1/72ミニボックスを作ったのですが、とにかく小さいので合わせ目の処理が大変。この正面のR面(曲面)も横切るように合わせ目があります。パテ盛りで合わせ目と隙間を埋めて綺麗な曲面を作るのに意外と時間をとられました。

04.jpg
後ろです。車上の道具がすべてモールドになっているので、塗り分けるのに注意が必要です。
今回はパール塗装という趣旨なので、足回りもエンジン部も、汚し塗装はしていません。綺麗に運用される役目の戦車という設定です(どんなせってい?)。

05.jpg
それでも、この小ささできっちり組みあがるのは、さすがハセガワ。数十年現役の重さに耐えてきたキットだと痛感します。
自分で作っといてなんですが、やっぱかっこいいです。

06.jpg
砲塔部分です。「M3グラント」は37mm砲塔の上部にハッチ(兵士の出入りするところ)があります。「M3リー」はここがキューポラ(さらに高くなり、のぞき窓とか銃器が付いています)となり、3階建てに見えます。やっぱ「リー」のほうが好きです。
で、車長のハッチが空いている訳ですが、ここに納まるのが…

07.jpg
1/72女子高生なのです。まぁ「当然だよね」。
最初はパール塗装をしたいと思い、それならちょっと変わった格好の「M3」で塗ってみようと思った。ここまではいいのですが、パール塗装の戦車にひげ面のおっさんが乗っているのはどうかとおもったら居ても立ってもいられず…。女子高生作成となったわけです。
え?なんで女子高生かって?
そんなの、大体女子高生使えば、なんだって許される時代じゃないですか。そういうことですよ、きっと。

08.jpg
ここがかなり残念なところです。女子高生乗っけるので、ちょっとマーク付けたいなと寝不足の頭で思って、チョウチョのマーキングをつけてしまいました。あとで見るとなんともかっこわるい。
前面の曲面とたちあがりの平面のコントラストが台無しです(涙)
補正するには、相当の覚悟が必要ですので、どうするか考え中です。

09.jpg
え〜、ここまできたらご多分に漏れず、ガールズ&パンツァー風に。ちなみに足回りはパール塗装していません。つや消しホワイトのままです。
これは、本来汚れる場所にパールは塗らないだろうと。そのかわり、銀塗装しています。

10.jpg
ガルパン風2。それぞれの戦車砲が開口していません。これはキットがそうなっているのですが、工作としてもワザと開口しなかったのです。理由はまとめで。

11.jpg
思い込みガルパン風写真3。
ですが、実はまだ気持ち的には未完成なのです。
今回は、どうしても年末に間に合わせたく、一旦工作を終了にしました。
考えでは、女子高生が乗るパール塗装の戦車はなんだ?というのをもっと推し進めたいと考えています。
たとえば、砲身が開口していないのは不戦を表しているとか、もっと生活感のあるもの(通学かばんとか)を乗せてみようだとか、携帯(あるいはスマホ)があるからアンテナは通信用ではなく地デジ用にしようとか、色々と手を加えたいのです。
しかし、ここまでの工作で30時間以上かかってしまいました(女子高生で20時間以上は優にかかっています)。
これでは、年末に間に合わないと判断し、仕上げに突入したわけです(その間の迷いがチョウチョウのマーキングを生んでしまったのです 涙)。
年末に間に合わせたかったのは、年賀状のネタだからです。
来年の年賀状は、このプラモネタの年賀状となります。
それがすんだら、ちょこちょこ手を入れていきますかね。
それでは、みなさん。良いお年を〜

プラモデル「1/72 女子高生」(スクラッチビルド)

  • 2013.12.30 Monday
  • 01:35
JUGEMテーマ:プラモデル

理由はともかく、1/72で女子高生が欲しくなりました。何故かは今は聞かないで。
で探したのですが、当然普通には売ってないし、唯一レジンキットで「紙でコロコロ」(製作所の名前?不思議な名前ですが…)の女子高生3体セットが見つかったのですが、1,500円近くする。この値段だと普通に1/35の戦車が買えるじゃないか、と思い、無いものは造ろう!と思い立ちました。いつもの「創造のプラモ」精神です!
そして、これは女子高生作成はおろか、スクラッチビルド(素材から自分で作る工作法)も初めての中年が、結構簡単に出来るんじゃないかと妄想し取り組んだ全記録である。(ナレーション)
イメージ 1
元となるのは、ハセガワ 1/72ミニボックスシリーズの戦車に入っていたアメリカ戦車兵です。このガニ股のおっさんから女子高生を作っていきます。
イメージ 2
よく見ると、このおっさんひげ面ですね。目つきもするどく、戦う男といった風情です。これから女子高生にされるとは、さぞ不本意なことでしょう。
イメージ 3
途中かなりすっとばしますが、とりあえずボディーを削っていきます。基本、デザインナイフと各種やすりを駆使してガシガシと削るのですが、なにせ小さい!老眼には厳しい作業です。参考までに楊枝を比較対象。そのうち、楊枝の彫刻とかやろうかしら、と思いました。
仕事柄か、なんとなく骨格とか関節の付き方とか意識してしまいました。正面の作業のポイントは、女性らしく首とウエスト、足首を細くすること。胸骨や腰骨、股関節を狭くすること、です。一方、臀部から膝にかけてはふくらみを意識します。ここでは、ガニ股から内股にしました。
イメージ 4
横です。ひげのお顔は削ってしまいました。本当は鼻と顔のほりは残したかったのですが、うっかりと鼻を切り落としてしまい、結局すべて削りだすことに…。
横の作業のポイントは、女性らしいS字ラインになることです。胸から臀部にかけてSを描くように削ります。あくまで胸骨はせまく、ウエストは細く、です。あと、腰骨から膝関節の骨の繋がりや、臀部から膝までの肉の付き方とひざ下の肉の付き方にコントラストを付けるのもポイントです。
あとで服を着させるので、意味が無いようにも思いましたが、やはり体のラインをしっかりつくることが重要だと思い時間をかけています。ここまでの作業量は、8時間くらいです。
イメージ 5
ついでに。ちょっとピントがぼけていますが、靴も学生靴らしい靴底を作りました。些細なところにきっと魂は宿るのです(妄想)。
イメージ 6
次にパテで服と髪、鼻を作ります。とりあえず固まってからけずるので、おおざっぱに盛っています。胸のリボンから察するにセーラー服ですね!そうです。セーラー服です(自問自答)。中年のおじさんにとって学生服はセーラー服ぐらいしか思いつかないのです!
イメージ 7
これは!ポニーテールですね!そうです。ポニーテールです。中年のおじさんにとって、女子高生の髪型はポニーテールと決まっているのです(断言)。
しかし、本音を言えば、もうちょっと綺麗なポニーテールにしたかったのですが、技術の限界でした。
イメージ 8
この襟はセー(以下同文)。
ここではスカートがかなり厚めだとわかります。これをあとで削って布らしくしていきます。
あと、ポーズを若干変えています。内股は女性らしいのですが、ちょっとやりすぎのような気がしましたので、活動的に足を踏み出すようなポーズにしました。
イメージ 9
顔です。デザインナイフとか針とか、あれとかこれとかとにかくつかえそうな細いものを駆使して削りました。顎もさらに細くして、鎖骨も作っています。が、塗装でそこまでの表現はできませんし、たぶん塗料ですべてつぶれます。じゃーなんでここまでやるのかということですが…。気が済まなかったのです。やらないと…
手も出来る限り細く削ります。腕は最初から服を着ているようにするのですが、筋肉感が出ないように二の腕から手首の折り返し手前まで同じ太さになるようにします。あと腕全体を短くしたり、手指を小さくしたり、女性らしい全体バランスを整えます。
スカートは、ここからさらに削って、細くしますが、上着は少しだぶついた感じで残します。そうすると、首や手首、ウエストとのコントラストで若い女性らしさがでると思います。
ここまでで、15時間くらいの作業時間です。
イメージ 10
で、一応これで完成にして色を塗りました。実は、あまりに時間がかかりすぎて途中で作業をやめたり、省略したりしたので、納得した出来とは言えません。気持ち的には、もっと手を入れたいのと塗装をやり直したいと思うところです。しかし、今回は事情があり、ここで完成です。
イメージ 11
後ろすがたです。セーラー服ももっとどうにかしたいところですし、髪型ももっと整えたい。
ただね、塗装も入れて通算20時間以上、女子高生にかかりきりなわけです。家族も不審がるわけです。
いみじくも妻が言い放った「いったい、何がしたいの?」
確かに!確かにそうなんです。
でも、こんなに時間がかかるとは思わなかったのです。もっと、すぐできるのではないかと。誤算でした。
しかし、一回作ってみると、ああやりたい、こうしたいというのが出てきます。
体型を変えてみたい、髪型を変えてみたい、制服を変えてみたい。
次に女子高生を作る時には、もっと上手く作れる自信があります。いや、もっというなら女子高生に限らず、女性ならある程度作れるのではないか!とも思いますよ。
でもですね、正直途中から疑問符だらけでした。より精度を高めたい自分と「こんなに時間使ってなにやっての俺?」という部分です。
今は、また取り組みたいと思う気持ちと、1,500円なら買った方が良かったと思う気持ちが半々です。
ところで、何故女子高生を作らなければならなかったか!
続きは、次回!

プラモデル やっちゃいけないシリーズ1 「まぎか&パンツァー」

  • 2013.12.09 Monday
  • 10:31
JUGEMテーマ:プラモデル

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM