ワンダーフェスティバル2019冬

  • 2019.02.10 Sunday
  • 19:15

JUGEMテーマ:プラモデル

 

ワンダーフェスティバル2019冬(2019年2月10日(日曜日)

0100.jpg

昨冬に引き続き(夏はお休みした)今回も参戦してきましたワンフェス冬でございます。

 

天気予報によれば、前日土曜日に日本全国に未曾有(みぞゆうではない)の寒気が襲い、関東地方も積雪すると警鐘が発せられていたわけですが、多少積もるくらいで無事。

しかも少し温かく感じるほどの陽気でございました。

ワンダちゃんたちも無表情に喜んでおります。

0200.jpg

 

まさにピーカン!

0300.jpg

 

今回はダイレクトパス購入で1262番台。

昨年はダイパス無くてもいいや、なんて言ったんですが、今回は誘導の仕方も良く、そして思いのほか寒くなかったことも手伝って、実に快適に入場。

ダイパスやっぱいいなぁ(←気まぐれにすぎる)。

 

で、なんと入場そうそう購入希望第三位まですべて購入出来て(とうことは、お小遣いもほぼ無くなり)、後はブラブラと見学会。

今回は毎回の反省の元、企業ブースである1〜3ホールから回ることに。

 

最初に言っておきますが、私の見たいものしか見てません。「あれがあったはずだ」とか「これを取り上げないなんて見る目が無い(←本当のことを言ってはいけない)」などということは思うだけでも罪です。厳に慎むように。

 

やはり華やかな企業ブース。

すごい並んでるところ。

外からは見えないけれど、きっとそういうことなんだと思う。

これ、購入で並んでるんじゃ無いんだぜ、見学するためなんだぜ、ウソみたいだろ。

0400.jpg

 

どどーんと真ん中に置いてあるミクさんレーシング。

今まで何回か見てるけれど、なるほど個人スポンサー制があるんだ。

レーシングチームとして忸怩たる思いなのか、望むところなのかわからんが、とりあえずミクさん最高。

0500.jpg

 

何分の一かはわからないけれど、こんなのもあるのね。今まで気付かなかった。ワンフェス奥深し。

この周辺はミリタリーグッズ一辺倒。

ここはここで超人気スペース。

0502.jpg

 

せっかく戦車見たので、戦車続きで。

ホビージャパン50周年事業として発表された、オール金属製94式軽装甲車1/6。

全パーツ426以上。お値段57万円。

写真では伝わらない精密度と存在感。ため息しか出ない。けど、どんな人が買うんだろう。

0504.jpg

 

同じく、ルノーFTー17。

装備が大正3年式なので、日本帝国軍仕様かと。お値段なんと83万円。

でも、素晴らしい。さすがにワクワク。

買わないけど。

0505.jpg

 

こちらは、アーマーモデリングのブースより。

弦罍鳩織ルパン仕様。内藤あんもさんの作例。

こうね、素人では出せないかっちり感というか、フィギュア無くても醸し出す存在感とか。

圧倒されるよね。キットはタミヤ。

0506.jpg

 

同じく、あんもさんの継続学園仕様BTー42。

かつてはいつでもプラモ屋さんにあったのに、ガルパン映画版で一気に市場から消えたのが懐かしい。

同じくタミヤ。あぁもう、悔しいほどかっちりした造り。自分も目指すべき領域。

ここは謙虚に受け止めたい。

0507.jpg

 

こちらは、同じくBT−42だけど、実車ジオラマ。金田勝利さんの作例。

ウェザリングが効いているのに汚くない。

なんども言うけど、憧れる領域。これもタミヤ。

タミヤ、恐るべし。

0509.jpg

 

ちょっと雰囲気変えて、フジミのブース。

ミニタンクもかわいいんだけれど、面白いのは砂埃や砲煙のエフェクトキット。

いいね、こういうの。

三式とタイガーが並んでる。弱肉強食感がすごい。

0511.jpg

 

昆虫プラモ。これは注目しているシリーズ。

子供の頃、昆虫プラモ好きだったんだよね。

ガンプラ以外で、子供のエントリーになるプラモは大切だと思う。

オオカマキリってチョイスが秀逸でないかい。かっこいい。カマキラスも作れそう。

0512.jpg

 

そして軍艦島。これはエッチングパーツ使用。

自分もストックしているので参考に。

もう少し暗色で作ろうと思っていたけど、この位明るくてもいいんだね。

フジミのブースでした。

0513.jpg

 

おぉっと思ったのが、銀雄伝。

0514.jpg

 

ヤマトプラモの復活が呼び水になったか。なかなか期待大。

ブリュンヒルト、かっちょいい。

0515.jpg

 

プラモ化は大歓迎だけれど、自由惑星同盟のラインナップが地味になりはしませぬか。

0516.jpg

 

そして!

0700.jpg

 

まじか!よりもい、フィギュア化!

完成品は買わない主義なんだよ!どうしてくれる!マックスファクトリーさん、ミニマムファクトリーで出しては下さらぬか。

日向!かわいい。ウィンクしてくれ〜!

0800.jpg

 

そして、ゆず!

正しい!正しいぞ!

0900.jpg

 

ゆずかわいい

1000.jpg

 

興奮冷めやらぬ中、少し冷静に。

ここまで来て、いきなりサメですか?とお嘆きの貴兄に。

1600.jpg

 

こんな感じに、女の子と合体。

サメと女の子が、合体。

1602.jpg

 

同人誌のキャラらしい(よく知らない)が、フィギュアとプラモの合体!

なるほど〜と思うが、なぜにフィギュアはプラモで無いの?

1603.jpg

 

気になったフィギュア。そりゃ気になるわな。

中学からの横溝好きとしては好感が持てる。

好感は持てるが、需要あるのか?佐清。

1604.jpg

 

そして、要蔵。

1605.jpg

 

ヒョンと目に入ったフィギュア。こういうアーティスティックなのいいね。

なにかは、よくわからん。

1606.jpg

 

ここからはイベントを盛り上げる大型フィギュア等。

まずはミクさん。

ハンマー持ってるかと思ったらスピーカー。

そりゃそうか。ミクさんかわいい。

1607.jpg

 

こちら、ゲームに出てくるメカらしいのですが、全く知りません。

知りませんが、驚愕なのはこれがプラモデルだということ。1/1だそうでございます。

だれが作るんだろう。そして、ニッパーはどんなでかいんだろう。

輝星・空式。

2900.jpg

 

ゴジラ!

シン・ゴジラも面白かったですが、ハリウッド版もいいですなぁ。

キングオブモンスターズ楽しみ。特にモスラ。

3500.jpg

 

ヤマト。

…えっとね。

いい加減に説明すっ飛ばしてるわけでないのよ。

帰ってきて、一風呂浴びて、ビール飲んだらだんだん良い気持ちになってきて、色々と忘れてきているの。

で、ヤマト。

ヤマトだねぇ。以上!

3600.jpg

 

 

さて、ここから商業ブースで感動あるいは情動した、ベスト4!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位!

手書きラブレターガチャ。

横でお姉さんが「本物の女子校生が書いたラブレターです!」って、案内していた。

このガチャ回すのかなり勇気いると思うんですけど。

そして、女子校生の愛情の無いラブレターを手に入れてどうするかわからないけれど。

でかるちゃー。

3601.jpg

 

 

第3位!

キズナアイ!

最近、キズナアイ好きなんだよね。

なんつぅか、声も、話す内容も、仕草も、デザインも、ちょうど良いところに収まる感じ。

まさにオヤブン。

祝フィギュア化!完成品は買わない主義だけど。

3700.jpg

 

このコスチュームがかわいいね。

3800.jpg

 

1/1フィギュア。

150センチくらいかね。

この体型の人がいたら、間違いなく振り向くね。

とにかく、ほっそい。

3900.jpg

 

 

第2位!

クトゥルフのみなさん!

と、いうかクトゥルフなみなさん!

これは、アークライト(ボードゲーム屋さんという認識)で展示されたスタチュー。

寺田克也氏のイラストをGILLGILLさんが立体化。

有名なイラストに忠実になまめかしい。

クトゥルフらしいかは?

むしろニャル?とかシュブ?とか?

4000.jpg

 

竹谷隆之氏のクトゥルフ。

頭蓋事をモチーフにした人間らしい意匠。

羽根の表現が原作を考えると違和感あるけど、一方宇宙を超えてきたイメージはある。

解釈が豊かで行き届いた作品。

4100.jpg

 

クトゥルフらしいかどうかは別に、すごいイマジネーション。

4200.jpg

 

そして、大山竜氏のクトゥルフ。

4300.jpg

 

写真では知っていたけど、実物見て悶絶。

4400.jpg

 

まさにクトゥルフ。

頭に描いてきたオーソドックスな姿でありながら、想像を二重三重に上回る。

自分としては決定版。

これを見るだけでも、今回のワンフェスは良かった(とは、言い切れないけど)。

素晴らしい。

腕のある造形師が、自分のクトゥルフを生み出す企画「クトゥルフ・エヴォリューション」。

これからも期待してます。

4500.jpg

 

 

そして、堂々の第一位!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美人体模型!!!!

4700.jpg

 

説明してくれたお姉さんが

「人体標本ってなんか怖いじゃ無いですか。私たちは怖くない人体模型を作ろうと思ったんです」

………………………………………………………………………………………………コンセプトの中心は本当にそれか?

それもあると思うよ、うん、それもある。

でも、コンセプトの『中心』は本当にそれか?

もっと、なんていうか、ここには書きづらいような、でもえぐるような本当のコンセプトがあるのではないか?

みんな、そうは思うけれど口にはしないだろうが。

4800.jpg

 

そしてディスプレイの裏にひっそり置かれたこれ。

いや、鋭意制作しないだろう。

やっぱり、そういうことなんだろう。

4900.jpg

 

 

さて、一通り商業ブース見終わったところで…疲れました。

いつも、商業ブース見る前に疲れちゃうので先にしたのに。

本末転倒。

一般ブースは、入場前から注目していたとこだけに集中して見学。

 

最初に、tanoくまさんのブースに。

この間の江ノ展(詳細はこちら)で素晴らしい作品を発表していた方。

ただ、今日はお手伝いに来ている土門さんにあいさつ。

写真は土門さんフィギュア。

5000.jpg

 

で、その土門さんが、ガイアノーツが発表したタナベシンさん造形の「00綾波レイ」を塗装。

5100.jpg

 

この絶妙な2.5次元感。すごいよなぁ。

綾波好きなんだけれど、思い入れがありすぎてイメージがまとまらないのでまだ手がける自信が無い。

こういうの見ると手がけてみたくなるのだけれど。

でも、まだ無理だな。

5200.jpg

 

小抹香keさんの「マルスズキ+水着猫」

独特のかわいさとエロさがあるね。

尻尾で釣りしてるの設定がまたかわいくてずるい。

5300.jpg

 

三つ巴造形さんのブース。

なんだかわからないけど、ズキュンと撃たれて写真だけ撮った。

5400.jpg

 

なんか設定がありそう。

AmanitaDesignに通ずる、自分好みのデザイン。

なんか設定があるのかな。

次回、ちょっと注目したい。

5500.jpg

 

 

中国から留学しているMajimeさんの作品。

名前のとおり、すごく真面目なつくりで好感持てた。

5600.jpg

 

バジルの造形魂さんのマメコロイドシリーズ。

こういうメカデザイン、弱いんですわ。

しかも、変形メカって、どこまで人の心をくすぐれば気が済むのやら。

5800.jpg

 

そして、アトリエイットの「西住みほ1/12」。

ホビージャパンのイベント、吉本プラモデル部大喜利で部長の人が「林さんのガルパンフィギュア欲しくて来たようなものなのに、完売だった」と嘆いていた。

それほどのインパクトを与えた、まさかのみほリアルバージョン。

5900.jpg

 

しかも、1/35まで付いてる。これは戦車絡ませたくなるよなぁ。

6000.jpg

 

さらに、アトリエイットから春麗。

フィニッシュは田川さん。

超絶かわいい。

6100.jpg

 

そして、なにげに超絶色っぽい。

6200.jpg

 

田川さんにご挨拶出来たのも、一年ぶりで嬉しかった。

「いつでも、なんでも聞いて下さい」って、どこまで寛容で優しいんだか。

でも、足下にさえ及ばない感を毎回感じるんだよなぁ。

フィギュアに恋する気持ちを初めて感じたのって田川さんの作品なんだよね。

6400.jpg

 

「サイレンスズカ」

「ウマ娘プリティダービー」というゲームのキャラクターだということを、今調べて知った。

なんだけど、この躍動感に惚れた。

匣娘さんのブースより。

6500.jpg

 

惚れるでしょ。この一途な走りっぷり。

後ろ姿もいい。

6600.jpg

 

「艦隊これくしょん〜艦これ〜」から。

と書いてるけど、ご多分にもれずやったことがないゲーム。

その艦これから「鈴谷 浴衣mode」。

カインドオブマジックさんのブース。

6700.jpg

 

自分には、重巡最上型の三番艦ならわかりやすいのだけれど。

この重巡が浴衣着るとこうも艶やかになるとはつゆ知らず。

 

んなことは、どうでもいい!

このふくよかな太ももに心奪われない男がいるだろうか(いや、いない)。

6800.jpg

 

どこの誰かは存じなくても(いや、最上型三番艦だって)、惚れることは出来る。

なにもかもが素晴らしい。

(なお、浴衣の柄は手書きだそうです。それもすばらしい)

6900.jpg

 

……少し、クールダウンして、と。

LongLongさんのブースより…なんだろう?

雰囲気のある女の子。宇宙服かしら、潜水服かしら。

7000.jpg

 

ACROさんのブース。ソフビのオリジナル怪獣。

これも雰囲気あっていい。特に右端のバードイーターのデザインが好き、

7200.jpg

 

こちらはちょっとブース名が分からなかった。

普段、胸像には興味ないんだけれど、目を奪われた。

次回、要チェック(個人的にね)。

7300.jpg

 

土管ハウジングセンター名古屋さんのブース。

このゲームもCMでしか知らない。

かなり小さいキットなんだけど、とても丁寧な造り。

7400.jpg

 

もう、いちいち書くのが面倒くさくなってきたのだけれど、ワンフェスのフィギュアの元ネタほとんど知らないです。

申し訳ない。誰にあやまってるのかわからないが、とにかく謝って済ませておく。

一期一会のハイジンクスさんのブース「カタナさん」。

スズキのカタナは勿論知ってる…これももういいか。

とにかく、かわいければ正義!!以上!

7600.jpg

 

JammingOffPlusさんのブースより。

かわいければ正義!以上!!

ニャルさんなんてかわいいじゃん。

いや、実はマジでこれかわいいのよ。

指先に乗るくらい小さいの。手乗り邪神。

7700.jpg

 

金平糖工房さんのブースより。「継星あかりジャケットver」。

この娘は少し知ってるのよ。YouTubeで「アカリがやってきたぞっ」が良くってヘビロテしてるから。

少しでも思い入れあると、欲しくなるよね。

7900.jpg

 

 

以上で会場見学は終了。

今回、初めて気付いたこと。

ダイパス入場だったのだけれど、血眼の人がたくさんいた。

「こっちは、1番と2番確保できました」

「そっちに回ります」

「すいません。完売でした」

など電話している人が多数。

雇われてるのか、頼まれたのか。

でも、そんなに買ってどうするんだろう?って素朴な疑問あるけど、売れるからまぁいいのかな、と。

 

大事なこと二つ。

ぺるたんさんに会えたこと。

今回は、パトレイバー2の多脚戦車が間に合わなかったって。

自分も予算組んで無かったので、逆に良かった。次回までにお金貯めとかないと。

 

越智さんと会えたこと。

塗装について20分ほど、色々と教えて下さった。これは感謝以外に無い。

この時うかがった内容は、別のエントリーでしっかりと残したい。

越智さん、偉い人なのに話している内に緊張よりもどんどん楽しくなってきた(仕事では話しまくっているのだけれど、プライベートでは人と話すのがすごい苦手の緊張しぃなので)。

 

 

最後に、今回の戦利品(購入品)はこちら!

 

マメコロイド ビーンブルー二つ。

この2色がかわいかったので。こどもへのお土産。

8000.jpg

 

手に入って良かった〜。

結構な列だったから危ないかと思った。

今回はアトリエイットさんのはからいで、一回並んで買えるのは一つだけっていうのが良かった。

また、弦羸鐚屬△弔蕕┐覆い函

今回の購入目標第3位。

8100.jpg

 

ツイッターで見て、とにかく一途に走る姿に惚れた。

まだ、公開前?のゲームなのに人気のキャラなのね。

今回の購入目標第2位。

8200.jpg

 

そして目標の第一位。かわいいし、艶っぽいし、なんにしろ塗ってみたい!という湧き上がる思いから。

ツイッターで見て、このためにダイパスを買う必要があったのだと悟った。

良かったよ〜。入手できて。

8300.jpg

 

こっちじゃなくてね。

 

こっちね。

6900.jpg

 

ここで、お小遣いの限界。

しかし、当初の予定通りのものが全て入手できたので、大満足。

良かった良かった。

 

次回に向けて、造って、お金ためなっきゃ。

 

ゆずかわいい

8400.jpg

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM